TRANSCREATION BLOG

  • 小塚 泰彦

トランスクリエーションの事例4

フランスの高級ホテルSofitelが、フランス語と英語でWEBサイトを作成したときの話。フランス語のサイトは全てフランス語、英語のサイトは全て英語にするのが普通です。


しかしこの時Sofitelは、ホテルのスローガンをこのようにしました。


“Life is Magnifique”(人生は、素晴らしい)


英語とフランス語が混じっています。Lifeが英語で、Magnifiqueがフランス語です。


このスローガンは英語圏でもフランス語圏でも非常に評判が良かったそうです。


フランス語の“magnifique”は英語の“magnificent”と音もスペルも似ていて、フランス語のわからない英語話者でもその意味を容易に推察できます。また、英語のわからないフランス語話者でも“life”くらいの簡単な単語は理解できます。


しかも、“magnificent”をあえてフランス語の“magnifique”にしたことによって、フランス語独特のエレガントさが漂い、それが高級ホテルのブランド価値を表現している。


巧みなトランスクリエーションの好例と言えるでしょう。


出典:『The Little Book of Transcreation - Insight into the world of creative translation 』


トランスクリエーションとは何か


トランスクリエーションカンパニーmorph


#トランスクリエーション #sofitelhotel #LifeisMagnifique



TRANSCREATION BLOG

© 2020 by morph

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon